教育・学生支援機構とは

設置の目的

教育・学生支援機構は、愛媛大学憲章に掲げる次の教育目標に沿った教育の充実、学生の支援等の強化を図ることを目的に設置されました。

愛媛大学の教育目標
1 愛媛大学は,学生が豊かな創造性,人間性,社会性を培うとともに,自立した個人として生きていくのに必要な知の運用能力,国際的コミュニケーション能力,論理的判断能力を高める教育を実践する。
2 愛媛大学は,地域・環境・生命に関連する教育に力を注ぎ,地域の現場から課題を発見し解決策を見いだす能力を育成する。
3 大学院においては,人間・社会・自然への深い洞察に基づく総合的判断力と専門分野の高度な学識と技能が身につく教育を実施する。
4 愛媛大学は,学生が入学から卒業・修了まで安心して充実した大学生活を送ることができる学生支援体制を築く。

特徴

教育・学生支援機構は5センター、1室からなります。5センター、1室が連携することで、以上の目標をこれまで以上に迅速かつ効率的に達成することが可能となります。学生が入学から卒業・修了までといった垂直的連携も、授業・学習・就職支援・修学支援・学生相談といった水平的連携も、これまで以上に円滑となります。

業務

教育・学生支援機構には、教育と学生支援のプロフェッショナルである教職員がいます。機構で、各センターで、また各学部や学内組織と連携して、教育活動、カリキュラム・プログラム開発、教職員研修、調査研究、各種相談・支援活動を日々行っています。